自動車およびエンジニアリング

建設危険保険には2種類あります。1つは、建築物やその他建設中の建造物または建設が加えられている既存の建物への損害など、建物の被害の補償です。 もう1つは、第三者の傷害、死亡、または第三者建物への損害に関する請求の損害賠償責任を補償するものです。 ICEが引受ける保険ではその両方を補償します。

 

大きな特徴

  • 包括的責任保険 – 専門職上の助言、第三者の財産または一般市民の傷害を補償する、専門職業賠償、第三者および環境に対する損害賠償。
  • • 建設の全危険保険 – 商業的資産および国際的な建設プロジェクトにおける巨大リスクの補償を統合して作成したもの。
  • • 政治的暴力やテロリズム、現地・外国人従業員対象の労働者災害補償制度などに対する、工場や機械への保険。
  • • 政治的暴力やテロリズム、現地・外国人従業員対象の労働者災害補償制度などに対する、工場や機械への保険。

請負業者の全危険保険は、「除外する危険」に含まれない損害を補償することが原則です。例えば一部の保険には、「損耗、老朽化、劣化、腐食、腐敗、戦争から生じる損失や損害、施行の欠陥と設計の誤り」などの危険の補償を契約から除外しているものもあります。この種の保険における被保険者のメリットは、保険会社に証明の負担を委ねられることです。保険会社は支払い請求を拒むためには、損害の原因が除外事項の範囲に収まっていると証明する必要があります。

エンジニアリング保険の範疇には、さまざまなタイプの保険契約が入ります。 「エンジニアリング保険」という用語は、機械の組立ておよび運転を含む建物の架設および建設プロジェクトに関連するあらゆる種類の保険と説明することができます。建設プロジェクトとエンジニアリングでは、しばしば従業員の健康を脅かす恐れのある重機や設備を使用することがあります。保険により、こうした傷害の発生時の支払い責任から、エンジニアリングを行なう事業者を保護することができます。

エンジニアリングおよび建設会社は、エンジニアリング作業の結果生起する可能性のある傷害を補償するため、通常、一般賠償責任保険に加入しなければなりません。たとえば、エンジニアが作業現場で誤って顧客の財物を損壊したり、顧客が雇用している従業員に傷害を負わせたりした場合、一般賠償責任保険は訴訟の結果生起する費用を賄うことができます。

ご提案フォーム

同封のご提案フォームを印刷し、必要事項をご記入の上、次の宛先までメールでご返信ください。.