航空

航空保険は航空機の運航と航空関連の危険に特化した補償を行なう保険です。航空保険証券は、他の輸送分野の保険とは明らかに異なり、航空用語に加えて、航空保険特有の用語、限度および条項を組み込む傾向があります。

 

大きな特徴

  • 航空機の機体および航空機賠償責任
  • 航空の賠償責任
  • 航空製造物責任
  • 航空貨物
  • 航空機の乗組員の個人傷害補償

 

航空機の機体および航空機賠償責任

航空機の機体保険は、戦争やテロなど様々な危機の結果、航空機機体の物理的損傷から生じる損失を補償します。航空機賠償責任保険は、第三者に対する賠償責任から航空機の運航会社を補償します。

リスクロケーションは、次の要因の1つまたはそれ以上から決定されます。

  • 航空機の物理的な位置(運航の場所
  • 航空機が登録されている管轄区域
  • 被保険者の居住地または事業所

たとえば、複数の航空機を補償し、保険対象の航空機が複数の管轄区域に登録されている場合、保険契約が複数のリスクロケーションを持つことがあります。また、異なる地域のリスクロケーション規則が重複する可能性もあります。つまり、ある領域が被保険者の事業所をもとにリスクロケーションとなり、また別の領域が航空機の登録によってリスクロケーションと決定する場合です。したがって、単一の航空機が複数のリスクロケーションを有することがあります。

 

航空の賠償責任

航空賠償責任は、航空機の運航を除き、空港やその他の航空運航に関連する広範な法的責任を補償しています。リスクロケーションは、被保険者が居住、またはその事業所が所在する領域です。被保険者の複数の住居や事業所が補償されている場合、それぞれが個別にリスクロケーションを創出します。

 

航空製造物責任

航空製造物責任保険は、航空電子工学ソフトなどの、航空機または他の航空製品に使用されている部品に対する補償を提供するために加入する保険です。リスクロケーションは、被保険者の事業所の所在する領域です。複数の事業所が補償されている場合、それぞれが個別にリスクロケーションを創出することがあります。

 

航空貨物

航空貨物保険は、航空輸送中、および保管中(60日間まで)の貨物への物理的損傷から生じる損失を補償します。(60日経過後は、財物 – 単体保管と見なされます。)リスクロケーションは通常、被保険者が居住、またはその事業所の所在する領域です。しかし、物品が物理的に設置され、または搬入・搬出される場所が、規制上および税務上のリスクロケーションを創出することもできます。具体的なリスクロケーション規則については、Crystalの特定ガイダンスを参照してください。

 

航空機の乗組員の個人傷害補償

航空機乗務員傷害保険は、航空機乗組員の死亡または傷害の場合に補償します。被保険者は、通常、航空機の所有者または運航者です。本保険証券が特定の航空機に関連して発行される場合、リスクロケーションは航空機賠償責任と同じ様式にて決定されます(上記を参照)。航空機が指定されていない、または不明な場合、リスクロケーションは、被保険者が居住、またはその事業所が所在する領域です

航空保険の歴史

航空保険は、20世紀初頭に初めて導入されました。初めての航空保険証書は、1911年にロンドンのロイズが引受けました。同社は、創始期の保険が、飛行大会での悪天候による多くの事故のため、損失という結果になったため、1912年に航空保険の引受けを停止しました。

最初の航空保険は、海上保険の引受コミュニティが引受けていました。最初の航空専門の保険会社は 1924 年に登場しました。

1929年には、ワルソー条約(国際航空運送についてのある規則の統一に関する条約)が締結されました。この条約は、航空運送のための条件、規約、賠償責任の制限を確立するための合意であり、これは今日我々が知っている航空業界を最初に正しく評価するものとなりました。

ロンドンの保険市場は依然として航空保険の最大の単一センターです。市場はロンドンの伝統的なロイズ・シンジケートと他の多くの伝統的な保険市場で構成されています。世界中の他の国々では、それぞれの国で設立された国内市場があります。これは、各国内の航空活動に依存したものです。米国は世界の一般航空機群の多くを所有し、成熟した大市場を有しています。

単一の保険会社で、大手航空会社の規模のリスク、あるいはそのようなリスクの大部分を保持するための資源を持ち合わせる会社はありません。航空保険の壊滅的な性質は、これまでに損害保険会社に数億ドルの損害をもたらしてきた損失の数を測定することで査定することができます。

ご提案フォーム

同封のご提案フォームを印刷し、必要事項をご記入の上、次の宛先までメールでご返信ください。.